SINCE 2017

澄銀影業の紹介

上海澄銀影業有限公司は2017年に設立され映画テレビプロジェクトの開発、制作、投資と資金調達に専念しており、社会的な題材と美学スタイルを組み合わせたコンテンツに長けています。会社は 3つのセンター--開発センター、制作センター、映画テレビ投資センターを設立しました。過去5年間、工業化プロセス、創造的な人材、資本的運営、および技術的制作を堅持し、映画・テレビ作品により多くの商業的および市場価値を与えるよう努めてきた。


社会福祉

2020年に上海市党委員会統戦部の指導の下で、澄銀影業は上海華侨事業発展基金会「影視人材育成プロジェクト」(登録番号:53310000501779980DA2008)を発起した。2020年9月9日公益日はTencent公益で発行され、映画テレビ業界から満場一致の好評を獲得し、現在、数多くのインディペンデント映画に資金を提供している。


メンバーの背景

澄銀影業のメンバーの60%は海外での仕事の背景があり、30%は海外で2本以上の映画製作の経験を持ち、30%は国内で芸術創作の重要な役割を担ったことがあり、チーム言語には、中国語、英語、日本語、フランス語が含まれる。多様な文化的視野は、会社により多くの活力と創造力をもたらし、将来のプロジェクトの海外開発と発行のための新しい領域を開拓した。


作品賞

澄銀影業による制作された作品に関わる賞と基金には次のものが含まれる:ヴェネツィア映画祭-VR部門入選、ベルリン国際映画祭-新世代子供部門最優秀作品及び審査委員グループ大賞、東京国際映画祭-アジアの未来部門最優秀作品、上海国際映画-メディアフォーカス映画、香港国際映画祭-新鋭映画コンペティショントランザム映画大賞、中国映画金鶏賞-最优秀監督デビュー作ノミネート、First青年映画-ベストストーリー長編部門ノミネート、CCTV年度優秀ドキュメンタリー賞銀賞、上海文化発展基金会青年脚本家テーマ選択のインキュベーションとサポート、上海国際映画祭のSIFFNEXTベンチャーキャピタルトレーニングキャンプの特別名誉賞など。


3つのセンター

開発センターは、ユニークな社会的題材を持つ物語と美的スタイルが結合した中小規模の映画テレビ作品の開発に取り組んでいる。

自由な思想、独立した思考を追求し、作者を尊重し、独創性と生命力を備えた脚本を開発し続ける。我々は、主流か非主流か、ニッチか大衆か、人気のないか人気か、コマーシャルか文芸かに関わらず、映画は一般の人々の間で人気があり、また常に一人の信仰と感动に属するものと信じている。我々は、映画作家と同じように、ずっとインディペンデント映画に対する熱愛、態度、坚持を保ち、情熱的に私たちの映画世紀を切り開いている。

2020年12月までに、映画祭でのプロモーション、オンラインプラットフォームへの投稿、提携会社の推薦を通じて、全国各地から115本の脚本を受け取った。作品は主に劇映画を中心に、犯罪、コメディジャンルのタイプが多く、現在フォローし続けているプロジェクトは全部9本あり、契約およびインキュベーションされているのは合計5本で、そのうち3本は基金の支援と賞を獲得している。


制作センターは映画テレビプロジェクトのプロデュー制作に力を入れ、映画テレビプロジェクトのコストの最小化、コンテンツの最適化、市場の最大化を実現します。

制作センターはTVC、ドキュメンタリーから映画館の映画、実験映画、オリジナルアニメまで、弊社はすべて制御することができます。 弊社は世界中の各企業、プロデューサーに完備した制作ソリューションを提供しています。 製作の統一計画、撮影管理、後期の製品管理、宣伝発行企画、財務監査から好評を得ています。

我々の制作チームは成熟した映画・テレビ制作業界レベルを備えており、制作範囲はコンテ、俳優、美術から、中期の撮影、DIT、後期の編集、色補正などにまで及ぶ。同時に、中国の数多くの優れたプロデュースレベルのメインクリエイティブチームとサプライヤーを持っており、2017年以来、数百のスタジオと個人と協力しきた。我々は、優れた映画やテレビ作品には、より幅広い協力の態度と胸襟を必要とすると信じており、プロのシステムを利用して最適な制作チームを作成することは、高品質の作品を呈す保証となる。

制作センターの長期の得意先は以下のようになる。ニュートリライト、上海科学技術協会、上海電気グループ、上海探査設計研究所、君楽宝、蒙牛集団、伊利集団、禾然有機、伴楽宝、興龍墾、悠然Neolac、ベイビーズ オンリー オーガニック、致臻有機、国環展示会グループ、橋水基金、復地、グリーンランドグループ、中国人寿保険、招商銀行、農商銀行、渤海銀行、愛建証券、湘財証券、第一創業、盛山資本、夏鼎資本、言起投資、プリンシプル投資、揚子江先物、招商先物、大陸先物、中一先物、上海FO弁護士事務所、上海社会科学院、復旦大学証券研究所、博亘金融、ADSS、融行情報、ウォール街見聞、中経インターネット、ニュルンベルク展示会、ATOMGLOOBAL、清鶴科技、永和九文化、中宏保険など。


映画テレビ投資センターは社会資本と商業ルートの開拓に力を入れている

5年間の映画テレビプロジェクトの全プロセスと全業界に対するデータ分析と投資、資金調達の経験を経て、当社は自身の資源の優位性を利用して社会資本、商業ルートと映画テレビプロジェクトの出品者をブリッジし、投資家のために資本リターン、影響力リターンを備えた映画テレビ投資プロジェクトを探している。 2020年には映画テレビ投資センターを設立し、定期的にクローズドサロンを開催し、投資家と投資会社に専門的なプロジェクト評価報告書を送付している。 当社の映画テレビプロジェクトへの投資は、映画、ドラマ、脚本、開発中のプロジェクトに限定されるものではなく、映画テレビに関連するIPデリバティブ、文化不動産、グローバル映画展、ブランド連動なども含まれている。


創業物語

2013年、Mathildaは、日本で美術学の学士号と金融学の修士号を取得して帰国し、シンガポールの有名な金融機関でアジア太平洋地域の副総裁を務め、長い間東南アジア地域の各金融機関を駆けずり回っていた。仕事の中で、彼女は、金融機関のブランド出力が単一で、制限されており、ほとんどの投資家に注目されるのが難しく、ブランドプロモーションチャネルを再構築できれば、多くの金融機関のマーケティング方式を改善することが有益であることに気づいた。


2016年にはMathildaがエンジェル投資を獲得し、映画スタジオ「MATHILDA STUDIO film-making」を設立し、映画作品で金融ブランドの価値出力を試みた。そこで上海戯劇学院で数ヶ月研修した後、彼女は単独で監督してドキュメンタリー映画『非農の夜』を制作し、2016年9月2日、深圳、上海、天津の場外デリバティブの従業員たちが8月の米国労働省の非農業労働者の就業データとの戦いを準備するための出来事を記録した。リリースされてから1か月以内に900万回以上の再生数を獲得し、同時に、複数のスポンサー金融会社も前例のないブランド価値の露出とプロモーションを獲得した。


翌年から、スタジオのメインクリエイティブパートナーは澄銀影業を共同で設立し、ネットドラマ『インサイダーズ』、『蘇格拉銭』、ネット映画『トレーダーの秘密』、バラエティ番組『TOPアナリスト』、『TOP TRADER』、 『财智研修社』、トークショー『ミート——Ray Dalioスペシャル』、『サイクル——ハワードマルクススペシャル』などのようなよりリアルなテーマを中心にする作品を制作した。金融機関との数回の協賛の後、Mathildaは引き続き他の業界のスポンサーと制作の協力を求めている。同時に制作センターの制作レベルは年々向上しており、TVC、ドキュメンタリーから映画、実験映画、オリジナルアニメーションなどに至るまで事業を展開しており、わずか数年で会社はプロデュースと制作の両端から創作と商業のバランスを実現してきた。


2020年の世界的疫病が発生し、澄銀は業界の不況を突破し、他の優秀なチームと協力して映画などを作り、開発センターの設立に成功し、戦略融資を獲得した。 開発センターは、若い監督、若い脚本家などの予備軍の支援に取り組んでおり、映画芸術に対して情熱と野心のある若者を集めている。


過去5年間で、澄銀影業は、金融の息吹を持つ創業者Mathildaから養分を抽出した後、新たな活力を取り戻した。自由な思想、独立した思考を追求し澄銀影業のすべてのメンバーは、映画・テレビ作品とインディペンデント映画に対する信仰と感動を作っている。 我々は、映画とテレビに対する思考の熱愛を保つことにより、我々に属する視覚的な世紀を切り開くと信じている。


主な作品

2022年:映画『吉利拳王』2019年上海文化発展基金会青年脚本家テーマ選択サポート、2020年上海文化発展基金会資金提供プロジェクト、2020年上海国際映画祭・ベンチャーキャピタルトレーニングキャンプトップ6入選-出品/プロデュース/制作、開発・インキュベーション中;

2021年:映画『一别両寛』-出品/ポロデュース/制作/発売、クランクイン中;

映画『電力の戦い』-発売;

2020年:VR映画『ONE MORE MINUTE』ヴェネツィア映画祭VR部門入選-プロデュース;

2019年:映画『初めての別れ』ベルリン国際映画祭-新世代子供部門最優秀作品及び審査委員グループ大賞、東京国際映画祭-アジアの未来部門最優秀作品、上海国際映画-メディアフォーカス映画、香港国際映画祭-新鋭映画コンペティショントランザム映画大賞、中国映画金鶏賞-最优秀監督デビュー作ノミネート、First青年映画-ベストストーリー長編部門-プロデューサーノミネート;

2018年:バラエティ番組『TOP TRADER』-出品/プロデュース/制作/発売;

2017年:ネット映画『インサイダー』-出品/プロデュース/制作/発売;

2017年:バラエティ番組『TOPアナリスト』-プロデュース/制作/発売;

2017年:ネットドラマ『カインの秘密』、『z』、『呑噬』-プロデュース/制作/発売;

2017年:室内メロドラマ『蘇格拉銭』-プロデュース/制作/発売;

2016年:ドキュメンタリー『非農の夜』CCTV 2016年度優秀ドキュメンタリー銀賞-出品/プロデュース/制作/発売;


CEO /チーフプロデューサー

沈越

留日芸術学学士、金融学修士、復旦大学哲学修士、上海青年文学芸術連合会会員、復旦大学証券研究所講師。かつてシンガポールの有名な金融グループアジア太平洋地域の副総裁を務め、東南アジアの投資および金融市場とアートプロジェクトの資本運営に精通している。


主な作品:『一别両寛』(撮影中)、『吉利拳王』(インキュベーション中)は2019年上海文化発展基金会青年脚本家テーマ選択のインキュベーションとサポートを獲得し、上海国際映画祭のSIFFNEXTベンチャーキャピタルトレーニングキャンプの特別名誉賞を獲得した。VR映画『ONE MORE MINUTE』ヴェネツィア映画祭VR部門入選、映画『初めての別れ』69回ベルリン国際映画祭-新世代子供部門最優秀作品及び審査委員グループ大賞/31回東京国際映画祭-アジア未来部門最優秀作品、ドキュメンタリー映画『非農の夜』CCTV 2016年度優秀ドキュメンタリー銀賞ネット映画『インサイダーズ』、ドキュメンタリー映画『原則——レダリオ』など。


連絡先

上海市徐汇区漕溪北路333号中金国际广场C座7楼07D


分享到:
上海市广播影视制作业行业协会会员单位  NO:SFTPA20055
               广播电视节目制作经营许可证 (沪)字第02567号
澄银影业                开发中心                制作中心                影投中心               创始故事